入れ歯・ブリッジ | 千葉県柏市の柏いろは歯科おとなこども歯科

診療時間
9:00-18:00
休診日
日曜・祝日

〒277-0827
千葉県柏市松葉町3丁目2−5

MENU

入れ歯・ブリッジ

Medical

歯が欠損してしまった方の治療方法

歯の欠損

何かの理由から歯を失ってしまった方は、欠損した部分を人工の歯で回復する必要があります。 欠損を放置すると、今ある元気な歯もダメージを受け、顎や歯、顔や口元の見た目、発音や咀嚼など機能面にも悪い影響が出てしまいます。 現在、欠損を回復できる主な処置には、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。

入れ歯

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。 入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話しにくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメインテナンスを受けることが大切です。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

保険診療外の入れ歯

保険診療外の入れ歯は、費用は少し高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

ゴールド床入れ歯

ゴールド床入れ歯

金で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。

チタン床義歯

チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは軽くて丈夫な上、体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

ブリッジ

欠損した歯の周囲の歯がぐらつきがない場合、ブリッジで治療できる場合があります。 ブリッジは健康保険が適用できる治療です。 健康保険の場合は、シルバー色の金属を主に使用したものになります。

ブリッジ

ブリッジ

特徴

自分で取り外す必要がないので、義歯に比べて違和感が少ない。

メリット

  • ・義歯に比べてしっかり噛める。

デメリット

  • ・支えになる歯を削らなければならない

入れ歯とブリッジどちらを選べばいいのか

一概にどちらがいいとは言えません。これは患者様のお口の中の状態(残っている歯の数や噛み合わせなど)に左右されるためです。 残っている歯が少なく、噛み合わせも悪い場合は、入れ歯を選択して、全体的にお口の中の状態(噛み合わせ)を回復させる設計をするのが良いと思います。

入れ歯とブリッジの比較

比較項目/補綴の種類 入れ歯 ブリッジ
口内の違和感
咀嚼機能
清掃のしやすさ
周囲の歯の影響
審美性
寿命

一度削ってしまった歯は、元の健康な状態に戻ることはありません。将来、患者様が後悔することがないように、納得して治療を受けていただけるようインフォームド・コンセントを徹底し、相談しやすい環境づくりを努めています。 お気軽にご相談ください。