根管治療 | 千葉県柏市の柏いろは歯科おとなこども歯科

診療時間
9:00-18:00
休診日
日曜・祝日

〒277-0827
千葉県柏市松葉町3丁目2−5

MENU

根管治療

Medical

ラバーダム防湿を行った根管治療

根管治療

当院では歯の根管治療(歯の根の治療、歯の神経の治療)を行うことが出来ます。
歯の根っこの中を掃除するために感染した部分を除去しきれいに消毒していきます。十分な消毒が終わったら再び感染しないように根管内に薬剤を緊密に充填し再発を防止します。この治療で最も大事なことは、根っこの中をいかにきれいにするかです。
無菌的な環境を作ることが治療の成功につながります。
無菌的な環境を作り出すためには、ラバーダム防湿が必要不可欠になります。
保険診療では行わない歯科医院もありますが、当院では根管治療を行う全ての患者様に対してラバーダム防湿を行い、根管治療を行います。

  • 噛むと痛い
  • なんか違和感がある
  • 歯ぐきが腫れている

このような症状がある方は根管治療が必要かもしれません。

柏いろは歯科の根管治療の特徴

歯科用CTによる正確な診断

準備中

根管治療をする上で、処置を開始する前の診査診断は非常に大きな意味を持ちます。
一般に行われているレントゲン検査でもある程度の情報を得ることができますが、立体的に存在している歯と周りの組織を2次元のレントゲンフィルム上で診断するには、情報量に限界があります。
当院では難治性の症例に対して歯科用CTを用いて3次元的な情報を得ることで正確な診査診断を行っております。病気の発見はもとより、病巣の大きさ、進行状態や歯根の形態も精密に診査してから治療を行っています。

拡大鏡による精密な治療

準備中

根管治療とは、歯根の中まで侵入した細菌や細菌感染した神経、感染歯質を取り除くことを言います。
一見簡単そうに思えますが、しっかりと治療を行うのは困難を極めます。なぜなら根の中は暗く肉眼では見えない上に、入り組んだ複雑なトンネル状になっており、1人として同じ形の根管形態をしていないからです。
当院では拡大視野により、多くの情報をもとに精密な治療を行っております。
拡大視野による治療は、肉眼で行うよりも虫歯の取り残しや汚れの取り残しをなくし、治療の成功率を向上させています。

根管治療の流れ

1.歯の神経の除去
歯の神経を取り除く処置から始めます。
部分麻酔を行い、歯を削る機械を使って虫歯を除去しつつ、神経の上に被さっている硬い歯質を削ります。
歯質が削れて歯の神経が見えたら、針のような特殊な器具を使って神経を取り除きます。神経が取り除かれた歯は空洞になっているので、そこに薬を入れて仮の蓋をし、時間を置いて根管を消毒の流れになります。
麻酔をしているため、ここまでの治療で痛みを感じることはあまりありません。
ただし、虫歯がひどく進行している場合など症例によっては、麻酔が効きにくく強い痛みを伴う場合があります。
2.根管を拡大
神経を取り除いて空洞になった根管を拡大していきます。
根管は狭く暗いため根管拡大には高度な技術を求められます。
治療中に出血がなかなか止まらず、噛むと痛みが出たりする場合もあるため根管拡大には数日かかることもあり、根管拡大だけで2~3回通うケースもあります。
3.根管の充填
根管の拡大が終わったら、次に根管の充填(じゅうてん)を施して根管治療は終了です。
根管の充填を行う理由は根管に菌が発生するのを防ぐためです。広げた根管の穴の大きさを測り、根管にぴったり合う根充材を詰めていきます。
根充材でぴったり蓋をしないと隙間に細菌が発生してしまうため、滅菌体制の中で慎重な治療が必要となります。

根管治療の期間

根管治療は時間のかかる治療のため、中長期的に数回にわたって治療を行う必要があります。症例や虫歯の位置、また治療の進み具合によって異なりますが、長ければ5~6回かかる場合もあります。

根管治療の費用

根管治療には保険診療で行うものと、自費診療で行うものと2種類からお選びいただけます。
保険の根管治療は30分の診療時間の中で一般的な根管治療を複数回に分けて行います。自費診療の根管治療は60分の診療時間の中で、超音波機器などを駆使し、より精密に無菌的に処置します。1回の診療で時間を長く確保し効果的な治療ができるので、通院回数を減らすことができます。